西日本豪雨により亡くなられた方々にお悔やみ申し上げますとともに、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

福岡県糸島市の税理士、小山知則です。

毎週金曜日にブログで私の専門としている経営と相続をメインに役立つ情報を綴っていきます。お楽しみに!


今年も税理士試験まで残り1ヶ月を切りました。
税理士試験を今年受験されます皆様にとって、今は大変な時期になっているのではないでしょうか。

私の友人も今年、何人か受験します。
今年初めて財務諸表論を受験するという後輩もいれば
今年も?いや今年こそ最後の一科目を受験するという友人もいます。
特に今年は、リーチの友人が4人いますので12月の官報を見るのがたのしみです。

「5科目集めてはじめて願いが叶う」というドラゴンボールみたいな試験ですので、
働きながら毎年一科目づつ合格を目指すというスタイルの方も多いのではないかと思います。

 

私の場合は、

・平日は、朝から夕方まで働いて夜勉強。
・土曜日は、朝から夕方まで勉強。
・日曜日はオフ。

という感じでした。

 

以前勤めていた職場(某税理士法人)が資格取得に理解のある職場でした。

・試験前の1週間お休みをいただける

・試験前は定時or little bit after 定時で帰宅

・土曜研修が試験勉強になる

など。恵まれていました。

 

聞いた話では

・試験休みがもらえない

・試験前日に残業

・資格取得の勉強をすると嫌な顔をされる

などといった事務所(法人)もあるようです。

 

でも資格を取ったら絶対に世界が変わります

もし将来独立を考えている方なら、やはり1年でも早く試験に合格して、
1年でも早く独立した方がいい思います。

「生涯所得が増えるから」などという”ベタ書き”的なことではなく(これも大事だけど(笑))、「勤務しているときの1年間と独立してからの1年間では獲得できる経験値が全く違うから」です。

私が偉そうに言うのもなんですが、これは独立した人ならみな感じてることでしょう。
40歳にもなると働ける人生って短いなあ💦と特に感じます。
そうであれば1年1年を出来るだけ意義のあるものにしたいものです。

 

「試験に費やした投下資本の回収は独立してから始まる」

8/7~8/9の税理士試験に向けて、今は界王拳10倍くらい(笑)で頑張りましょう!